ブログお引っ越し

とっても久しぶりになってしまいした…。

実は、ブログのお引っ越しします。

というか、すでに新たなブログが始まってます。

告知していないので、自分だけしか見ないけど(笑)

ここでのブログはフランス生活の思い出がずっしり詰まって

いるので、そのまま見られるようにしておきますが、

更新は、新しいブログになります。

アメブロドットジェーピースラッシュイイミワって。

簡単でしょっ。

http://ameblo.jp/iimiwa

ツイッターとか、facebookとか、情報発信源が多くて

写真とか同じものになってしまうけど、、、

ブログを見て頂いている皆様に、これからも見て頂けるように、

きちんと更新していきます。

ので…

来年も宜しくお願いします!!

明日からタイに行ってきます。すっごく久々のバカンス!?

いやいや、トレーニング合宿…来月8日に帰国予定です。

いろいろリセットしてきます。

今年は「なんでこんなことが起こるの?」「どうしてそうなっちゃうわけ?」

「もぉぉぉぉ~、納得いかない」と思うことも多くて、ホントにホントに

悔しい思いもたくさんあったり紆余曲折あったけど、

その分、成長することが出来たかなと思っております。

そして、笑顔で過ごせる日々に感謝してます。

これからも頑張りすぎずに、頑張ります!

こんなイイミワですが、見守ってやってください。

新しいブログはこちら

http://ameblo.jp/iimiwa

皆様、良いお年を・・・!

| コメント (0) | トラックバック (0)

濃いィィ時間を過ごしてますよっ!

サイクルモード東京、トークショーではたくさんの皆さんにお会いできて、

本当にうれしかったです。ありがとうございました!

311394_179941402092987_100002313864

実は、扁桃腺が腫れて40度の熱が出てしまって、点滴と注射で

無理やり熱を下げて2日目のトークショー。終わるころには

じわじわ熱が上がってきてヤバイ…。でも、本当に皆さんからの

「大丈夫ですか??」「頑張ってね」って、言葉で不思議なくらい元気な気持ちに

なって、最後までやりきることが出来ました!人の言葉って、

すごいパワーを持ってる!!

 翌日、すごくすごーく、楽しみにしていた西湖の走行会、newマシンまで

用意して、気合十分だったのに、、、熱が下がらなかったので、DNS…(泣)

 楽しそうな様子はこちらから(富永美樹さんのブログから)いいなぁ~

http://star-studio.jp/tominaga-miki/img.php?ID=4242

 夜の打ち上げには何とか顔を出したけど、、、お酒がっ。進まない。

私がお酒飲めないなんてっ、やっぱり体調悪かったのねぇ。とみんなに

驚かれた(笑)

 9日は台湾大使館での「太魯閣ヒルクライム壮行会パーティー」へ。

去年は台湾でゴールでMCをしたり表彰式のMCをさせてもらったけど、

本当に楽しくて、楽しくて、今年も行きたかったなぁ~来年は行く!!!

  10日はチームもお世話になっているSEVさんの創立20周年と会長の

還暦パーティーで目黒雅叙園に行ってきました。

20111110_213839

 私はエステのメディケアでもお世話になっているんですが、エステシャンの

皆様方が、艶やかっ!!!キラキラしてました。終始笑いの絶えない素敵な

パーティーでした。

 そしてその翌日、富士スピードウエイでのGT300 GT500にっ!

20111111_113616

大雨のコンディションの中でしたが、応援している中山ドライバーの予選を

応援!!かっこよかったぁ~!!!!と、どっぷりレースに浸ったまま、

富士スピードウエイに後にして、そのまま大阪へ。

 サイクルモード大阪に1日だけ顔を出しました。会場にいた時間は

2時間くらいでした、、、駆け足でしたが、たくさんの方に声をかけていただき、

驚くほど充実の時間を過ごせたなぁ~ありがとうございました。

 東京に帰る前に、大阪でどうしても行きたいところが。私のMCの師匠で

イイミワの名付け親。9月に亡くなられた吉井猛さんの墓前にやっと手を合わせる

ことが出来ました。娘さんの前で吉井さんのおかげで、今のイイミワがあること、

なのに会いに来なかった後悔、たくさん報告したいことがあったのに…と、

もう、涙が止まらずボロボロボロボロ。でも、吉井さんの笑顔の写真を見て

なんだかほっとして、東京に帰ってきました。

 

 そして、日曜は再び富士スピードウエイに。GT500の決勝を見ましたよっっっ

エンジン音が最高にいい音で、テンションはマックス。中山ドライバーの

おかげで、ピットエリアなど普段は入れないところで、あり得ない近さで

見せていただいて、大興奮っ。

20111113_161128_2

中山友貴ドライバー、ありがとう。お疲れさま

でした!

   と、いう具合に充実した日本での生活を送っております。

 やっぱり日本は良い!!(笑)

 

さてさて、次のMCは12月3日の

ファンライドプレゼンツ TOKYOエンデューロ

http://tokyobay-enduro.jp/index.shtml

もちろん、しゃべりますけど、、、走りたいっっっ

ゲストライダー達とチーム組んで走っていいですかぁ??(笑)

その間、ほかのゲストライダーにしゃべっててもらいましょっ

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイクルモード トークショースケジュール

今年は土曜、日曜にブースでのトークショーを担当します!!

日程とゲストです。

土曜日

11時~アキコーポレーション(ルイガノブース)

    ゲスト「チームヨーロッパカー新城選手」

13時~SEVブース

    ゲスト「ブリヂストンアンカー狩野選手」

14時~SEVブース

     ゲスト「スキルシマノ 土井選手」

15時~SEVブース

     ゲスト「チームヨーロッパカー新城選手」

17時~アキコーポレーションブース(ルイガノブース)

     ゲスト「チームヨーロッパカー新城選手」

日曜日

11時~アキコーポレーションブース(ルイガノブース)

     ゲスト「チームヨーロッパカー新城選手」

13時~SEVブース

     ゲスト「チームブリヂストンアンカー井上選手」

13時45~SEVブース

     ゲスト「スキルシマノ土井選手」

15時~SEVブース

     ゲスト「チームヨーロッパカー新城選手」

ぜひ、みなさんお立ち寄りください。選手からのプレゼントが

あるコーナーもあります!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

帰国前夜

4月から、新生活をスタートさせたフランスの家を明日、離れる。

ガラーンとして何にもない完成したばかりのの新しい家に

一つ一つこだわって家具を選び、電話やネットをつなぎ、電気を取り付け…

言葉の壁に悪戦苦闘しながら、一緒に成長してきた家を離れるのは

さびしい…。といっても、2か月程度だけど。

 この家には、たくさんの選手やチームのスタッフ、そしてその家族が

集まってくれて、日本からもたくさんのゲストが来てくれた。

 家を選ぶとき、「みんなが気楽に集まりやすいように。」

「いつでもたくさんの人を迎え入れられるように」と、思って選んで、

そのつもりで家具等もそろえたから、私にとっては、家を褒められるって、

自分を褒められることのように思える。

 明日、パリから飛んで、明後日は東京の自宅。→宇都宮。

そして、12月頭までは、日本のイベント会場でお仕事してます!

12月に遅めのヴァカンス!!!プーケットに行ってきます。

だって、チームの撮影合宿はカリブ海のグアドループなのに、

私は留守番だから、、、せ、せめてアジアで(笑)

 1月までは合宿も含めてタイにいる予定で、タイから帰国後にフランスへ。

だから、実質、日本にいる時間は2ヶ月弱。

 会いたい人もいるし、行きたいところもあるし有意義に過ごさなきゃ!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

過熱する人気 その3

意外にも長編になってしまっていますが…

この時点で、テレビを見ながら

「おいおい、この3人でスプリントはきついよー」「11分も離れちゃったよぉ」と、

思ってレースを見ているのは私だけ…。

奥様達は、ヴァカンスの話に夢中でレースには興味なし(笑)

子供たちは、ヨーロッパカーのウエアーが写ると、全員誰でも

「パァパァ!!」って、テレビに群がる姿が、たまらなくかわいかった。

 さぁ、いよいよゴール地点にあるチームバスに向かうことに。

ふぅ~やっとだわ。と思っていたら、一斉に着替えやメイクをはじめ

その間、ベイビーたちを見てるのはわ、わたし、、、?(笑)責任重大っ。

奥様達の準備が整ったところで今度こそ出発。

大きなブランド物のサングラスをした奥様、彼女軍団とベビーカー4台が

レース会場に到着。どうしたって目立つでしょっ。早速、チームバスで

出待ちしていた女性ファン達(若い子)からの視線が刺さってきたぁ~

明らかにそれは敵視でしょ。という視線が送られ続ける。

「ほらっ、またいるわよ、お宅の旦那の追っかけがっ」

「あの子たち、しつこいのよー」

「近すぎるのよねっ。」

という会話が、他人事だから面白い(笑)

そして、遠巻きに見ている女子ファンの前をすっと素通りし、チームバスの

間を乗りバリケードをさらっと通りぬけ、ちらりと女の子ファンに視線を向ける。

はいっ、奥様軍団の勝ちぃ!!という感じ(爆笑)

Photo_2

 ↑会場に到着した時。まだ、レース中だからバスに人は少ない。 

最後はゴール地点を含む周回コースだから、実況で選手の名前が

呼ばれるたびに、「きゃ~!今の私の旦那様よー。」と飛び跳ねながら

応援する奥様たち!誰か選手の名前が呼ばれると、「ビアン!ビアン(すごい!)」

と、讃え合って盛り上がる。こういうレース観戦は初めてだったけど、

なんだか楽しかったなぁ~。レースの内容は楽しくなかったけどっ。

 レース後は人ごみをベビーカーでかき分けて、選手のもとへ。そして、

ファンに囲まれたバスの前で、ハグしてチュー。さすがフランス人っ…

と思いながら見ている私、日本人(笑)

 今までレースに同行して、チームの内部と選手しか見てなかったけど、

選手の家族と関わりを持つことで、ヨーロッパでの自転車選手の存在感や

価値、置かれている立場とか、すごく垣間見ることができたなぁ。

 特にフランス人にとって自転車選手は常にヒーローでなくてはいけない。

でも、そのヒーローたちは何よりも家族が一番大事で、その家族はヒーローを

誇りに思っている。

 あっ、でもそれは自転車選手でなくても

どの家族もみんな一緒かもしれませんね!!

  今度こそ、終わり。

| コメント (1) | トラックバック (0)

過熱する人気 その2

ツールドヴァンデの日、家から15kmくらいのスタート地点に自走で

見に行った私はスタートを見送り、急いで家に戻り着替えて今度は

車でゴール地点へ。ここではゴールから徒歩5分のところにある

Lr05_2783877_9_px_512__w_ouestfranc

ペリーグ(家族ぐるみで一番の仲良し!!写真↑)の家で、

旦那様が走っているのをテレビで見ながらランチして、ゴールのころ

会場に向かいましょっ!。という選手やスタッフの家族の集まり…。

「奥様会」みたいなもの?!これがまた激しく疲れた。

まず、言葉。奥様達の会話が止まらずマシンガントークの合間に、

「ねっ、ミワ、そう思わない?」とか、「で、ミワはどう思う」と聞かれても

「・・・??」早すぎて聞き取れないからめっちゃ集中して聞いていないと、

話題もコロコロ変わるしっ。

どこの世も一緒で、奥様通しの派閥があることもひしひしと感じるから、

下手な返事すると、あぁ、あなたはあの人派ねっ。と言われ兼ねない…。

この加減が難しいっ。

さらにはbabyたち。下は3ヶ月から1歳2歳、3歳と、、、(笑)

話に夢中な奥様方は結構放置だし、見慣れない私のところに興味本位で

集まるベイビー軍団。一人を抱っこすると一人が足にしがみつき、

一人はいじけて泣きそうになるしっ。で、結局まとめて遊んでいると、

「今日はミワがいるから、いいわねぇ!」って、私はベビーシッターかいっ?

と突っ込みたくなったけど、ベイビーたちはめちゃくちゃかわいいから、

許す(笑)

 トマの奥さんが隣の席でシャンパン飲みながら語っていたけど、

「こないだスーパーに買い物に行ったら、おばさんにあなたトマの

奥さん?て、腕つかまれて買い物かごの中身見ながら、あらっ、

こんな食事じゃ駄目よっ。て言われたのよーっっ!!」というと

「あらっ、ひどいわね~」「あら、いやだわ~」的な反応。

「ベビーカー押しながらあまり歩きたくないから、車をチームバスの近く

まで入れさせてくれと言ったら、警備の人にだめって止められたのに、

私はヴォクレールの妻です。って言ったら、いきなり態度が変わって

警備人が車で先導して連れて行ってくれたのよ~。」という話には

一斉に、「そうそう、わかるぅ!!」「私もそうだったわ~」と。

 そういえばトマがスーパーでビールを買っていたら、おじさんに

「スポーツ選手はそんなもの飲んではいけない」と怒られた話も

聞いたことがある(笑)。ここまで来ると、かわいそう…。と思ってします。

 さて奥様会は、ゴールの時間が近づき、ゴール地点のチームバスに

向かうことになる。

                           その3へ

へっ、、、まだ続くの(笑)

| コメント (0) | トラックバック (0)

過熱する人気。その1

日曜のツールドヴァンデは、なんとも失敗レースに終わってしまった。

15人の逃げ集団にチームからは3人も選手が入って、後続には

スプリントに備えるユキヤ。そして、マークのきついトマが残るという

絶好の展開のはずだったのに、前に入った選手3人にスプリント力が

無いということをほかのチームに読まれていてたため、この15人で

スプリントになってもヨーロッパカーに勝ち目はない。ユキヤもトマも

後ろにいるから、これはチャンスとばかりに15人の逃げは逃げ切る

ために強調してベースアップ。残り80kmでタイム差は11分以上にひらき、

後続集団はサイクリング状態。チームとしては前にいる3人の選手に

託すしかない。普通なら、前の3人の選手はローテーションに加わらず、

逃げグループを崩壊させて、トマのカウンターアタックを狙うか、

ゴールスプリントに持ち込むことを考えると思う…。(私の勝手な意見だけどっ。)

でも、なんかしっくりこないレース。逃げに乗った3選手は「自分が勝ちたい」

という意思で動いてしまっていて次の展開とか考える余裕もなく完全に

焦ってるしっ。15人の中に3人の選手が入っていたら、何とかしてくれるだろうと

信じる後続に残った選手たちの思いは届かず、スプリント力では不利な

3選手はそれぞれアタックをはじめ、ペリーグが残り3kmで捕まり

アントニーもカウンターアタックするものの、10人に追われて結局アントニーの

6位が最高位という地元レースにして最大の失敗レース。

 後続集団はごっそりタイムアウト。最後尾でゴールしてきたトマは苦笑いで

大声援に手を振る。

 最近、トマ人気が過熱し、会場は異常なことになっている。

ヨーロッパカーのバスが包囲され、選手はスタッフに道を開けてもらわないと、

出走サインにも出ることができない。一度止まってしまったら身動きが

取れなくなってしまうから、駆け抜けるしかない。

 他のチームバスにはさびしいほど人がいないという、光景が続く。

ヨーロッパカーの選手が走っていれば=「トマ!トマ!」と言われ、レース後の

バスは、出待ちのファンが押し掛け、選手は外に出ることができない。

 私たちも、「はいっちょっと通してくださいっ!!」と、人をかき分けながら

でないと、バスに入っていけない。メカとか、人ごみをかき分けて自転車

運んだりしているからすっごく大変そう…。

Photo

 トマっ、トマっ トマっと、トマコールが鳴りやまない。この状況を治めるため

トマがバスから顔を出すと「きゃーーー!!!」と地響きのような歓声が起こる。

ほかの選手もバスから出られないので、トマはサインに応じるサービスをする。

2

その間にほかの選手バスから降りて、それぞれの車に戻る。という状態。

 元々、人気のある選手だったけど、ツールのマイヨジョーヌ効果というか

最近は怖ゎ~って思う。

                             その2へ     続く

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

濃すぎる時間を語る

1週間の休暇中は、ブログの更新率よかったのに・・・と、自分でも思う。

休暇明けの9月末はホントに濃い時間というか、充実した時間でした。

Dsc_4333

昨夜は、チームのファン感謝祭が盛大に開催され、今は祭りの後、

という感じ。約2万人のファンが集まり、ツールドフランスの最高責任者、

プリュドム氏や、ベルナールイノー氏もゲストとして登場し、屋外の

仮説会場はサマフェス状態!!

Dsc_4332

 この観客に沿って、ステージまで続く関係者用の通路があって、

私は浴衣を着て行ったから、撮影に応じながらここを歩いたときは、

レッドカーペットを歩いている気分っ!!歩いたことないけどね・・・

(赤じゅうたん敷いてないしっ(笑)

 世界選手権が終わって1週間も経ってないけど、すごく前の出来事

だったような感じ。

 まず、スタート地点でのあまりの人の多さに唖然・・・。

Dsc_4313

でも、この二人の豪華応援団は人ごみの中をかき分け、

何とかスタート前に選手に会えたぁ。スタート地点に並んでる選手も

この2人の姿を見てうれしかったに違いないっ。笑顔で手を振っていた。

そして、この日本を代表する2人の選手たちは「ファンの皆さんはこんなに

大変な思いをして応援に来てくれるんだ!」って、実感した様子が

すごく印象的で、改めてファンのみなさんへ感謝の気持ちが強くなった

みたい。

「調子が良い」!と繰り返していたユキヤ、昨年以上の成績を狙って、準備

してきた。だから、周回に入り安心して、レースを観戦していた瞬間、

ビジョンに映し出された集団での大落車。まさかっ。と思っていると

目の前を集団が通過。あまりの速さで日本チームが全員いるか確認

出来ず、「今のユキヤだよねぇ?」と半信半疑で確認し合っていると、

だいぶ遅れた選手たちが通過、そこにフミが。そして、さらに遅れて

ユキヤが通過。無情にもメイン集団のペースはぐんぐん上がって、

「あぁ、もう無理だ。」世界戦はそこで終わったと思った。

でも、フミの集団にユキヤが追いつき、フミはユキヤを何とか前方の

集団へ戻そうと、必死で追いかけている。他の選手は協力しないのが

もどかしいくらい。

日本人2人はレースをあきらめていなかった。その姿がビジョンに映し出され、

実況でも「日本のベップが追いかけている」とアナウンスされる。

前方に残ったのはタカシさんだけ。多勢に無勢でありながら、ゴール前まで

しっかりと良い位置をキープ。たった一人であの位置で走るのがどんなに

大変なことだったか。

これが、世界選手権なんだぁ。と思った。国の代表として走る選手の

使命とか意地とプライドとかプレッシャーとか、想像つかないくらいのものを

背負って走る選手の姿なんだなぁ。って、それぞれの選手の姿を見て

感じた。レース後、あちこち擦り傷作って呆然とするユキヤになかなか

近づいていけなかった。フミもユキヤも最後まで走り切った。けど、

出し切ってはいない。悔しさは、次への糧に。というけど、この時ばかりは

次を考えることの出来ないくらいの今の悔しさだろう。

 でも、この選手たちはこれからいくらでも世界と戦うチャンスがある。

そのレベルの選手たちだから。選手たちも、そう思っているからこそ、

気持ちを切り替えることができるんだと思う。

 さぁ、明日は地元のビッグレース、「ツール・ド・ヴァンデー」!!

自宅から15分のまたがスタートでヴァンデ県をぐるりと回り、隣町に

ゴール。トマをはじめチームの出場メンバーほとんどが家から15分

圏内に住む選手。

Dscf3808

最後はこのナポレオンの銅像めがけて700mの直線のぼりゴールっ。

 来週はパリ-ボージュ、パリ-トゥール、再来週はジロ・デ・ロンバルディアと、

まだまだレースは続くっ。シーズン長すぎでしょっ・・・ ?!

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

帰国まで…。

まず初めに、先日のブログに吉井さんのご家族から

胸が熱くなるメッセージを頂きましたこと、本当に感謝いたします。

また、しばらく涙が止まりませんでしたが、ご家族が一番大変な時に、

私にまでメッセージを下さったことを考えると、本当にありがたくて、

吉井さんも、そのご家族も本当に素敵な方々だなぁ。と。

 私もいつまでもくよくよしていられない!吉井さんの弟子らしく

笑顔で進んでいかなくちゃ。

 もうすぐ世界選手権だし!!

  23日~コペンハーゲンに行ってきます。

最近、いきなり涼しくなって、鼻がぐずってるけど、そんなことは

言っていられないゎ。

 コペンハーゲンから帰ってきてからも、パーティーや撮影、

チームのイベントとぎっしり盛りだくさん(笑)

  楽しまなくっちゃ!!

  とにかく帰国まではあと1ヶ月くらいかなぁ~?

| コメント (0) | トラックバック (0)

私の師匠。

 今朝は、恐ろしく目が腫れている。

昨日知った訃報。それから涙が止まらなかった。

 30年間、レースアナウンサーとして日本のレース会場の実況を

担当されていた、吉井猛さん。

 今から11年前、もてぎサーキットのイベントに参加していた私に、

 「しゃべる仕事してるなら、レース会場でもアナウンスできるなぁ?

シマノ鈴鹿の相棒さがしてんねん。やってみるか?」と、声をかけて

くださったのが、すべての始まり。

 忘れもしない。私の初実況は福井県の「古城丸岡グリーンロード」

そして、私のレースアナウンサーは吉井さんのアシスタントとして

始まった。11年前、私を「イイミワ」と呼び始めた「イイミワ」の名付親。

 5年間、数えきれないほどの全国のレースを一緒に回らせて

頂き、数えきれないいろいろなことを教えてもらった。

 吉井さんが引退されてから私が引き継がせていただいたレースも

数えきれない。

「えぇか、イイミワ。うちらにとっては何回もやってるレースでも、

年に一度、このイベントにかけて出てくるやつもいっぱいおるんやから、

どんなに小っちゃいボケでも拾って突っ込んでやらなあかんで。(笑)

一人でも多くの参加者の名前を呼んで、参加者と対話するのが、

うちらの仕事や。上位の成績ばっかり言って速いやつの名前ばかり

呼んどったら、つまらなってまうやろ。」

っていう吉井さんの言葉を、10年間ずっとずっと頭に置いて

レースアナウンスをしてきたつもりだったけど、吉井さんには

何も恩返しできなかった。それが本当に申し訳なくて、また涙が

止まらない。

 ビールが大好きでいつも実況席にはビールの差し入れが

届いて、後半は絶好調に出来上がっていたり(笑)50歳の記念にと、

突然両耳にピアスを開けてみたり(笑)多少、名前の読み方間違った

りしても許されてしまうキャラクターで本当に多くのサイクリストに

慕われていた私の師匠。

 「おかげさまで」という言葉を一番言いたかった人。今になって

思う。一度でも、お礼を言いに会いに行けばよかった。もう一度

「441のヨシイですぅ」「そして、アシスタントのイイミワです。」

「吉井さん、それ読み方、違いますよぉ~(笑)」「あっ、そやった?」って、

ONマイクで掛け合いたかった。あの実況はもう二度とできないけど、

元気な吉井さんのあの声は、私の心に残ってる。そういう方、多いと思う。

 私が今できることはどこに居ても吉井さんに教えてもらったことを

いつまでも忘れないこと。 そして、感謝し続けること。

 本当に本当にありがとうございます。吉井さん。

 最後、会いに行けずにごめんなさい。

 フランスからご冥福をお祈りします。

| コメント (3) | トラックバック (1)

覚えてますか?

 あっ、まずは速報。

カナダで行われているプロツアーレース。

GPモントリオールで新城幸也がしい所のアタックを決め、逃げの

きっかけを作ったということで、敢闘賞を受賞!!表彰台に

上がったということです。次は、ぜひ着に絡んで上がってほしい…。

 さて、タイトルに戻ってと。

 初めて、自転車に乗れた時のこと、覚えてます??

  うちには「自転車見せてー」とか、「ハリボー(グミのお菓子)

ちょーだい」とか「お父さんがポストカードもらって来いって」とか

「ねぇー誰か選手来てる?」って、近所の子供たちが良く遊びに来ます(笑)

 みんな、小っちゃい自転車乗って、家の周りをぐるぐる回って

競争してるしっ。私の住んでいる街の名前を取って「ツールドBelleville」とか、

クリテリウムベルヴィルと呼んでいます。子供たちは私の大事なお友達たちです!

 この子たちと話している時が一番わかりやすい。3歳から6歳くらい(苦笑)

 今日、その中の一人の子がお兄ちゃんと一緒に家にきて、「教えてっ」って、

言うんです。自転車に乗れなくて、いつも足でけって進むおもちゃの

車にまたがっている子が、「自転車教えて」って。

 もぉ~その、かわいさと言ったら!!!今日やろうと思っていた家のことが

全部後回しでいいやって思えるくらいでした(笑)

 お兄ちゃんの自転車借りて、ペダルに足を乗せないでいつもの要領で

両足で蹴ってバランスを保ちながら進む練習からはじめて、後ろを支えて

進みだし、、、夜8時ごろ私が手を離しても一人で乗れたんです!!!

もちろん、何度も転びましたよ。きっと、明日は青あざいっぱいできて

ますよ。でも、泣かないでずーっと、「アンカっ、アンカっ」(もう一回、

もう一回)。って乗ろうとするんです。

  近所の子供たちが、競争しているとき仲間に入れてもらえないのが、

すごく悔しかったみたいで、「走りたい」。て、言ってました。

 みんなも、すごく応援して一日見守ってましたよ。

 一人で走れたときは、みんな飛び上がって喜んでたし…。

 私が初めて自転車に乗れた時も、こんな感覚だったのかなぁ。っ、

思いました。自分の行動範囲が無限に広がったような気がして、

楽しくてしょうがなかったなぁって。

 その子が乗れたときには、ウルっときました。今は、家の敷地内で

乗っているだけだけど、交通ルールーはパパとママにしっかり

教えてもらってね!

 なんだか、今日はスペシャルHappyな一日でした。

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

書きたい気分!?

最近、更新率良いなぁ、まるでフランスの天気のようにっ。

あっ、差が激しいっていう例えで、使ってみました…

 さて、1週間のバカンス中の私ですがっ、結局家におります。

まぁ、レースでホテルを渡り歩くので、その反動かと(苦笑)

さらに車の故障ということもあって。

行く先と言えば、近所のスーパー。

なんとそこで、シャンパン&ワインフェスタ中!!

いつもの売り場↓

027

に、加えてこれ!

022

半日ここに居れます(笑)やっぱり箱買いしとくべき??

 車も壊れてるし、今、せっかく家に2台のロードレーサーがあるので、

019

この2台を1日交代で乗ってみたんです(単にいつも乗っている方が

パンクしていたからお借りして…)

 同じコースを同じ距離走って、わかりましたよっ。違いがっ。

私はEPSが合ってるって!思いました。確かにC59は踏み出した

瞬間「うわっ、進むっ!!」って感覚でしたが、固くて融通が利かない

感じ(あえて堅いではなく固いの方を使ってます。)それにしても

勝手に進む!!だから、ちょっと疲れる(笑)

 EPSは柔軟に言うこと聞いてくれる感じ。=フレームも柔らかい感じ。

その柔軟さでショックも和らげてくれるのか、長く一緒に居ても疲れない

ような気がした。って、この表現、擬人法?

 しかし、雑誌でインプレとかする方って、本当にすごいと思った。

これをどう表現していいかって、自分にしか無い感覚かもって思う

ことも、言葉にしなくちゃいけないって、難しい~。

 自転車アドバイザーの方々とか、ホントすごい!!!こういうことをふまえて

おすすめのフレームとか教えてくれるんですよね?

 私は高校生の時、わけもわからず乗っていたトレック5500に

はじまり、先輩のお古のLOOK、ピストはパナソニック、そして、

実業団の選手として走っていた時はお父さん(高村さん)の手作りフレーム、

ラバネロのロード、ピスト、ファニーバイク(←これ、知ってますかぁ?

前輪が24の個人追い抜きとか走る時のピストです。)

選手を引退してから、ブリヂストンのスタッフしてアンカー、

一番長く乗っていたのはキャノンデールさんから頂いた女性用ロード、

フランスに来てからは、TIME、そして現在のコルナゴと贅沢過ぎるくらい、

いろんなメーカーの自転車に乗りましたが、

メーカーの方に「これはこういう特性で、こういう乗り味ですっ」て、

言われると、そう思い込んでしまうのが私。

 「こちらが100€の最高級ワインですっ。」て、3€くらいで買えるワインを

出されても、めっちゃおいしく感じてしまう(笑)

 そう考えると、ホントに大事なのは自分に合うかどうかってことだなぁって、

すごく思う。3€のワインでも、私はめちゃおいしいって思う時もあるし!

「私は、こうだから、こうでした。」っていうアドバイスはできるけど。

それがすべての人に当てはまるとは限らないしっ

 こちらでは、子供たちがヘルメットをかぶるのは当たり前、自転車の人は

みんな手信号するし、何よりドライバーは、弱者(歩行者、自転車)優先が

当たり前だから、クラクションなんて聞いたことないですっ。

 知り合いがすれ違った時のあいさつくらい。だからヨーロッパ車のクラクションは

かわいい音なのかな?

あらら、だいぶ長くなりましたが、これがブログの良いところ!文字数関係なく

長々と語れる(笑)

 ということで、こまめにつぷやきもしますが、語りたいときはやっぱり

ここで!!

| コメント (0) | トラックバック (0)

私の8月は・・・。

どこに行ってしまったんでしょうか?

一か月更新なしって、「大丈夫?」って連絡をくださる方も

いらっしゃったり、ご心配おかけしております(笑)

その分今回は写真満載の長編。

ツイッターや、http://twitter.com/#!/iimiwa

facebook

http://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100001021555997

の方ではちょこちょこと動いているんですがぁ~

ということで、私の8月はFranceらしく優雅にバカンスっ。とは程遠く

パリコレーズに始まりピレネー合宿、Jスポーツさんの撮影、

ツールドリムザン5日間、シャトールークラシック・・・、そしてプルエイ。

そして、9月になってました。

Dsc_3205

初日から逃げまくったリムザンで↓

Dsc_3413

ベストライダー賞の表彰

Dsc_3346

やっぱり(笑)こういうことするのはバンソン ジェローム!

Dsc_3707

各賞のジャージが並ぶスタート。リムザン最終日

ある時は、チームバスが家に迎えに来たり、、、

2_008 2_010

レース会場ではこの状態で完全にファンに包囲されたり、、、(笑)

してます。

 レースが続くと外食ばかりなので家に居るときは気晴らしの料理!!

ツイッターで紹介したりすると、皆さんから反応いただけるので、

張り切っちゃったりしてます。

野菜が食べたい時の食卓、ホームパーティーで定番の茶わん蒸し。

Photo 11917231

Gf0k 2_007

みんなが遊びに来るときは、人気の巻きずし!鶏五目おこわの

おにぎりは差し入れのお弁当に!

 9月に入ってまたちょっと走ったりしてます。 めっきり秋めいて、

もう風が冷たくて、それが気持ち良かったりもするんですが!

  そして、後2週間ちょっとで世界選手権。コペンハーゲンに行ってきます!

  次の帰国予定は10月!!29日、30日にツインリンク茂木サーキットで

行われる「RUNandBIKE MOTEGI」のMCを担当させていただくことに

なりました!!!今から帰国がとーっても楽しみです。

 

| コメント (2) | トラックバック (0)

ツールの想い出(長編)

祭りが終わった。

何かのイベントが終わるたびに、こんな気持ちになるけど、

やはりこれほど大きな祭りの後にはポッカリ心に穴が・・・

と、思っていたけど、不思議なことに今はそんなことは思わないっ。

不完全燃焼だったのかも。

チームとしては、最高のツールだった。チームの本拠地で

開幕をし、このチームで育ったペリーグの敢闘賞に始まり

Dsc_0769_2

チームのエース、フランスの英雄トマのマイヨジューヌ、

Dsc_1942

そして、フランスの星、ピエールの区間優勝(しかもラルプ・デュエズ)!

Dsc_2251_3

さらにマイヨブロンで、パリの表彰台。

Dsc_2947

 ツールの表彰台は選手の今後の人生を変えるものだ。と

言われているけど、それは選手自身が一番感じていると思った。

一緒に食事をしたり、当たり前に話をしていたチームメイトたちが

何重にも報道陣やファンに囲まれている姿をその輪の外から見ていた。

今まで、素通りだったカメラが彼らを追いかけ、今まで応じていた

サインにさえ応じられないほどのファンがチームバスを囲む。

 彼らはスポーツ紙の紙面をにぎわせ、空港ではどこを見ても

彼らの顔が拡げられているのだから、一躍、「時の人」だ。

そんな彼らを支えるスタッフは何も変わらない。

Dsc_1072

ポディウム(表彰台)に上がる選手も30分以上遅れてゴールする選手も、

同じチーム。大切な大切な選手。

こんなに大事にされている選手たちがうらやましくなるくらい。

チームのみんなは毎日代わる代わる必ず「ユキヤは大丈夫か?」

「フランスに帰ってきたか?」「今、何をしているのか?」と私に聞く。

ツールに出ていない選手も、大切にするスタッフ。そして、選手。

今回新人賞を獲得したピエールはいつも一番に「ユキヤは元気か?」と

聞いてきた。私が「おめでとう」を言う前に。

 彼らは「時の人」になったその瞬間でも、ツールに出ていない、

選ばれなかった選手を気遣う優しさがあったことを私は感じた。

 それは、私が日本だから。という理由だけではない。

 新城と同じように、リザーブ(補欠)として登録されツール出場が

あと一歩届かなかったダミアンゴーダンは、ツール中に行われたレースで、

周囲をあっと言わせる良い走りをしたことを、ツール中スタッフも

話していた。ダミアンも言葉では言い切れぬ悔しい思いをしていたばす。

 最終日、Champs Élyséeシャンシゼリゼのゴール後のパレードで、

普通なら、選手の奥さんや彼女、子供たちが乗るはずのチームカーに、

チームヨーロッパカーのチームカーには家族が一人も乗っていなかった。

前代未聞。きっとプレスの方々は気が付きもしないかもしれないけど、

去年、載せてもらった私にとっては何とも不思議な光景。ほかのチーム

から見ても、これはおかしな光景。今年は2台のチームカーが全員

スポンサー関係者のおじ様方。こんなことってあるんだっ。というなんともしっくり

こない感覚とともに、この規模のチームを維持する大変さを少しだけ感じた。

 Champs Élyséeの夜、私はチームの打ち上げに行かなかった。何人かの

スタッフは、最終日のスタート後にチームの拠点に帰っていく。

トマのマッサージャーも(写真はトマのマッサー。マイヨジョーヌ決定の瞬間↓)

Dsc_1873

メカニックも打ち上げには行かずチームの指示通り車で拠点に帰る。

一か月ぶりの家族の元へ帰る。

パリの打ち上げは選手と家族のものだと知っているからこそ、

私も今年は行けなかった。

 私はメディアの打ち上げに混ぜてもらって、たくさん毒吐いて、たくさんご迷惑

おかけしました。よねっ。山口さん、O前さん、綾野さん、井上さん、まきさん、

太田さん、あきこさん、梶さん、たかしさん、ナカジさん、スミさん、本当にありがとう

ございました!!!飲んだくれですいませんっ(笑)

 ラルプデュウエズで日本メディアの皆さんとめちゃくちゃおいしいチーズ

フォンデューを食べながら、「フェリシタシオン!!ピエール!!」と乾杯してもらったのが

本当にうれしかったり、トマが表彰台で私のカメラに向かってポーズしてくれて、

興奮してブレブレだったりとか、キャラバン隊のみんなとお友達になって

Dsc_2029

手渡しでグッズをもらえるようになったり、テレビ局のカメラマンのみんなと

友達になって度々写ってしまったり、、、私にとって忘れられない濃い夏でした。

明日もまたレース。まだまだレースは続くけど、このツールのことは一生忘れない。

※掲載の写真を使用する場合には 『photo Miwa Iijima』

のクレジットを入れていただきますようお願いいたします。

| コメント (0) | トラックバック (0)

フランスに戻りました。

エールフランスのお得意さん。になるべく、France→日本往復。

今はフランスの自宅にいます。

たった5日間の日本滞在。何してたんでしょ。

ずっと走り続けているのは大変だし、疲れる。だから、立ち止まる

時間はすごく大切なことだけど、立ち止まっていたままでは

次に走り出すとき戸惑うだろうと思う。子供の運動会で、はりきって

走るけど、頭では分かっていても体が付いてこなくてコケちゃう

お父さんみたいにね(笑)私的にはそれも素敵だけど、プロは

それは許されないからねぇ。

 忘れ物を持ち帰ることができないまま、私はフランスに戻って、

明日、ツールドフランスに合流。不思議なくらいなかなか晴れない。

気候や時差で正直、体調最悪。

でも、ツールに選ばれない事情や、ジャパンカップにチームが

呼んでもらえない事情の最悪さから考えると、まだましかっ。

圧力とか、資金とか、大人の事情って、、、何なんだろ。

誰のための、何のためのレースなんだろう。

言いたいことはたくさんあるけど、言えない私も、それ↑と一緒か。

久々にチームの事務所、拠点であるプティシャトー(小さなお城)に

行ってくるけど、ツールのスタートの時は見る影もなく内装が大改装

されて応接室とかやたらできていて、大型テレビがいくつもあった。

何千万かかったんだろ・・・?

今、行ったら全部黄色に染められているかも(苦笑)

| コメント (1) | トラックバック (0)

ツールを離れて。

何から書いていいのかわからないくらい、、、

ブログって日記のはずが、私にとっては自分自身を

振り返るためのものになっている。

昨日、トマのマイヨジョーヌの瞬間に立ち会った。

チームスタッフとハグしながら、涙が止まらなかった。

けど、ツールは続く。

 私は、ツールを一時離脱して日本に帰国します。

1週間程度ですが。

 この前の「帰国してます。」から、全日本選手権が終わり、

岩手から帰った翌日フランスに飛び、ツールドフランス。

そして、今日、休養日を利用しフランスの自宅に戻ってきました。

660kmの道のりを運転中、いろんなことを考えられる時間でした。

明日から、チームの拠点で合宿が始まるし、前に進んでます。

ツールに出れない選手の方が多いのだから、

出れた選手のプレッシャーは喜びと同等だと思うし、

途中でリタイアしなければいけなくなった悔しさは計り知れない

と思う。どんな気持ちでツールを去っていくのか・・・。

 いろいろなことが見えたツールでした。

私は明日、朝一の飛行機でパリへ向かいます。

 

| コメント (1) | トラックバック (0)

山あり谷あり

帰国してます。ドーフィネを終え最終日の夜900kmの道のりを

車で帰る予定でしたが、、、100km程走ったところで食事休憩して

走り出したら、「あれっ?車がおかしい。変速しない。アクセルベタ踏み

なのに加速しない。」と、高速を時速60kmくらいでトロトロ走り
やっとサービスエリアまでたどり着き、保険会社に電話から始まり、、、

結局車をレッカーしてもらい、レンタカーで家までの道のり・・・

選手にも運転してもらってしまってっ帰宅は朝5時。

7日間の過酷なレースで疲れている選手に運転させてしまい、

本当に申し訳ない気分でいっぱい。その疲労と言ったら、大変ですっ。

 でも、私は翌日には帰国の途に付きました。

 帰国してから日本の携帯電話が元気に鳴り響く毎日で、時差ボケとか

言っていられず、毎日の生活に追われてます。仕事と家事ねっ。

息つく暇がない。というかんじ。どんだけフランスでのんびりしてたんだ?

と、自分で突っ込みたくなる気分。

さらに世の中のお母さんをスペシャル尊敬。 

 今週末は、岩手。全日本選手権の翌日、フランスに戻るけど、

まだ、ツールのメンバーはチームから発表されていないし、

新城選手も出られるかどうかわからない。

 チームの地元だもん。22人の選手たち全員出たいよねぇ~

帰り道一つでも、山あり谷ありだけど、進むしかない!!!

| コメント (1) | トラックバック (0)

帰国まであと、、、

ひゃ、もう、6月。て、ことは帰国まであと15日。

はやっ。

最近は、走ったり、レース随行したり、イベント参加したり、、、

土曜は、プリュメリックというレースへ行ってきました。

Dsc_8430

ジャパンカップで走り以外の部分である意味目立っていたダミアン。

めちゃ頑張ってました。

Dsc_8646_2

Dsc_8635

ひぇ~新城選手きつそぉぉぉ。いやっ、コースがうわっ。

というようなきついコース。そんなに気つに登りはないけど、

こりゃ、「足にくるねっ」て、感じの。高低差図はのこぎりみたいだし。

日曜日は、ツールのコースを走ろうイベントで、老若男女1500人が

チームタイムトライアルのコースをのんびりサイクリング。

3

帰国までの時間の経過が加速してるますっ。確実に。

 今週末からはドーフェネhttp://www.letour.fr/us/homepage_horscourseCDD.html

6月5日から12日までのステージレース。チームはほぼ1軍メンバーでプレツールと

いう位置付ですからねぇ。気合入ってますよっ!!

  日本でも放送あるみたいですねぇ。私はチームに随行してきます!!!

ドーフェネから帰って来てすぐに帰国。全日本選手権の準備っ。

そして、全日本の翌日フランスに飛んでツールの準備!

 第3ステージまでは自宅から通えますからねぇ。

ビール〇前さんや某自転車サイトの編集長の方々(笑)が滞在されるので

ビールやらワインを今から大量買い(大笑)

 昨日は、ハイロードがコースの試走に来ていたと聞いて、あの選手や、

この選手がぁぁぁ、家の近所を走ってたなんてっ。しかも、私、さっきまで

そこ走ってたのにー。ニアスミに涙っ。あぁ~残念。

こうなったら、ほかのチームが試走に来るのを期待して、

毎日コースに出没するぞー!!と、変なモチベーションを高める

ただのミーハー。

まぁ、私は一足お先にツールのスタート台に上がってきましたけど(笑)

1

| コメント (1) | トラックバック (0)

日常と食事

最近、毎日走ってます!

Dvc00029_2  Img_0521

20km~60kmのサイクリング。

でも、たまにはこんな豪華なメンバーと。

Img_0517

チームのオフィスまで走っているから、私もある意味ツーキニスト!?

16時、17時に帰ってきても、まだまだ明るいから、食事を作りながら

Img_0509

自作のテラスでこんな時間を過ごして、20時ごろ、天気が良ければ

そのままテラスで夕食。

では、今週の主なメニューを一部ご紹介っ

昨日は、夏野菜満載のチキンカレー、自家製コーンスープ、ブロッコリーサラダ

サーモンとビーフのカルパツチョ

Img_0523

その前は肉じゃが豆腐入り、白菜サラダ、酢の物、わかめの中華スープ。

写真無い。。。

その前は玄米リゾット、七面鳥のチーズ挟み焼、キュウリとパプリカのマリネ

豆腐とわかめの味噌汁

Img_0507

さらにその前はチキンと夏野菜の冷製パスタ、キュウリのおひたし風サラダ、

スモークサーモン、白菜のスープ

Img_0502

好評だった夏野菜満載チキンカレーのレシピをリクエストに

お答えして(笑)↓

(作る時の分量は目分量で適当なのであくまで参考に調整してくださいね)

選手が食べる物なので、、、鶏皮はすべて取り除きます。油はオリーブ

オイル大さじ1程度、市販のルーはカロリーハーフのものを使用。

・鶏のササミ3本 ・鶏もも(骨付き)2本・玉ねぎ大2個・ズッキーニ2本

・人参小1本・マッシュルーム適当・パプリカ1個・トマト1個・ジャガイモ4個

・白ワイングラス1杯・チキンブイオン固形1・市販のルー適宜

・カレー粉大さじ2・にんにく適当・

野菜ジュース(100パーセントのもの)300cc

1、ササミを3cmくらい、玉ねぎ1個分をざく切りにして、オリーブオイルで

  炒める。にんにくのみじん切りを入れ、玉ねぎがしんなりしたら、

  両面に焼き色を付くくらい軽く焼いた鶏もも肉を入れて塩コショウを

 少々して、白ワインをかけいれ、蓋をして5分程度蒸蒸し煮。火は中火。

2、1の中にざく切りにした人参、ズッキーニ、マッシュルーム、トマトを

  入れ、焦げないように注意しながら、野菜から水分が出るまでじっくり

  炒める。

3、野菜から水分が出たら野菜ジュースと、チキンブイオンを入れ、コトコト。

  水分が足らないようなら、水を300ccくらい入れて、具材がひたひたに

  なる程度、水分を調整。

4、沸騰して、チキンブイオンが解け、人参が柔らかくなったら、残しておいた

  玉ねぎ1個分のざく切りと、カレー粉を入れ、1時間くらい弱火で煮込む。

5、最後に味の調整で市販のルーを2~4カケ入れて完全に溶けてからさらに

  30分煮込む。

6、蒸かしたジャガイモとパプリカを入れさっと煮込んで、お好みでチーズをかけて

  出来上がり。

ちなみに、ご飯はフレッシュグリンピースと玄米、赤米を混ぜて炊いたもの。

という感じですっ。

 あぁぁぁ~私は、おいしいお寿司が食べたい(笑)刺身とかねっ。

納豆食べたいし、おいしいお蕎麦も食べたいっ、どれも日本に帰るまでの

我慢っ・・・。 

 今日は、選手がレースに出発するのを見送り、私は明日早朝、一人で

プリュメリックに向かいます。

 明後日はツールドフランス関連の地元のイベントに参加して、サイクリング!

  一時帰国まであと20日っ。まだまだやることはいっぱいっだー。

 

  

  

| コメント (2) | トラックバック (0)

準備は着々と

昨日は久々のサイクリングっ。あまりに天気が良くて、

超~気持ちよく60kmくらい一人でのんびり。

家からチームの事務所まで、途中ツールの第2ステージの

コースを通ったり、選手たちがカーペーサーするコースの方まで

ウロウロ(笑)。

Photo 1

3

2

街は、ツールムードですよっ。いたる所にポスターや、

モニュメントなどなど。ツールを迎える準備は着々と進み、

盛り上がっています。街のバールではおじさんたちが

ジロの中継見て盛り上がっていたけど!!

 途中、サイクリングしてるおじさんたちと遭遇し、

「そのジャージはどこで買ったの??」

「良い自転車乗ってるねぇ~」とか、質問攻めで一緒にしばらく走って

楽しかったぁ~

Dvc00032

まぁ、こんな恰好して、完全にヨーロッパカー仕様ですからねぇ~

自転車は、コルナゴC59のチームカラーだし・・・。

めちゃ進むー。勝手にこいつが走ってくっていう感覚でびっくりしたぁ。

これでツールのコース走れるなんて、贅沢ですっ。

今年はツールの休養日に選手たちと一緒に走ってこよう!!

あぁ~楽しみっ。

今日は、残念な天気だからインドアっ。

今夜24時にレースから帰ってくる選手たちをナント駅に迎えにいってきまぁす。

お家に送っていって、、、自宅に帰ってくるのは何時になるかしら?

みんな、無事に帰ってきてぇぇぇ。

| コメント (0) | トラックバック (1)

1ヶ月が経ち・・・

フランスに来てちょうど1ヶ月が経過。

そして、あと1ヶ月で一時帰国。

あっという間ですっ。

 新居には、チームのみんなが遊びに来て、食事していきます。

最近のブームはお好み焼き。やっぱりソースの味にみんな

感激してます。 

おたふくソースさん、スポンサーしてください(笑)

 先日は、ヨーロッパカーの選手ペリーグの娘モナちゃんの

記念すべき1歳の誕生日を家でお祝いすることになり、

チーズケーキを作りました。「初ガトー(お菓子)」を一口

食べて、もっともっとっ。と口をパクパクして、かわいさMAXっ。

Dscf3890 パパが代わりにフーッと。

ろうそく消してくれましたっ(笑)

 昨日は、今年のツール第2ステージのスタート地サブロンヌの別荘へ。

(※チームの事務所で働く人の別荘なので私のではありません(笑))

4年に一度のヨットレースのスタート地でもあり、日本の湘南、というか、

葉山マリーナ。のような。まぁ134号沿いって感じの街でした。

とっても素敵です。家から35kmくらいなので、行きやすい距離だし。

海沿いのレストランでムールと、白ワイン。最高でした。

Dscf3942

7月のツール本番はこんなにのんびりできないけど、、、楽しみです。

 来週からはまた、レースに同行する機会が増えそうなので、写真満載で

報告します!!

 残り1ヶ月、充実した時間を過ごせるようにっ。

| コメント (1) | トラックバック (0)

フランス生活

10日が経ちました。

こちらに来てから、新居の引っ越しで、あっという間に時間が過ぎ、、、

家具を選んだり、運んだり、生活を位置から始める準備って、

やっぱり大変で、それが言葉の壁で10倍大変になり、、、

日本では当たり前に簡単にできることでも、なかなか伝わらなかったり、

えぇぇぇっ?って、言う結果になったり、そんなことしながら、一つ一つ

クリアしていくことが楽しく感じてます。

ダイニング              リビング

Dscf3837 Dscf3846

Dscf3798 Dscf3839

 庭から、キッチンへの裏口      キッチン

こんな感じの家です。

 今日は、祝日(こどもの日みたいなものらしい)

だから、チームの事務所には誰もいない。私だけっ。

 新居からチームのオフィスまでは20km弱。だいぶ通い慣れた道が、

今年のツールの第2ステージのコースっていうんだから、10年以上自転車に

携わってきたものにとっては格別の思い。

 だって、自分の家の近所を、ツールドフランスが通るなんて!!!!!!!考えたことも

なかったなぁ。ホントに不思議。

 こちらでは、地震のニュースがというより福島の原発のニュースが毎日。

雑誌や、CMでも「日本復興のために」という広告をよく見かけます。

 会う人、会う人に、「地震は大丈夫だった??」と、聞かれます。

しっかり言葉を選んで、正しい情報を伝えなくちゃ。と思っています。

 昨日は、リエージュバストリエージを家でTV観戦していたけど、

明日から、スイスでヨーロッパカーが出るレースがあるので、結果が

楽しみです。

 明後日からはバンクで2日間のナイターレースに行ってきます。

| コメント (0) | トラックバック (0)

これだけは言わせてっ

この数日間は停電もありませんが、節電で街は暗いですね。

でも、月や星がきれいに見えるし、この暗さにも慣れてきた

感じです。もともと、過剰に明るすぎたのかも。

駅のエレベーターやエスカレーターも動いてないことが多いので、

歩く歩くっ。良いことですねぇ。

ただ、どうしてもこれだけは言わせてっと思う出来事が。

今回の地震を機に自転車通勤、自転車通学の方が増えましたねぇ。

先日、夜、車で走行中、街灯も消えている通りがあり信号待ちを

していると、私の車の横でいきなり、「キィッ」というブレーキ音

と同時に、ガシャンっ。て、自転車の方が転んでしまったんです。

歩行者を避けようとして、転んでしまったようで「あぶねぇーだろっ」

「ふざけんなー」って、歩行者の方を怒鳴ってたんです。が、、、

私、それは違うっだろって思ったんです。だって、自転車の方は

明らかに逆走。しかも無灯火で、歩行者の方は白線の内側を

歩いてただけなんです。

自転車が車の近くに倒れていたので、降りて、起こしながら、

「大丈夫ですか?」って言ったら、「全く、災難だよ」って、、、

おじさんが私に言ったんです。

「それは自業自得です。歩行者の方に怪我がなくてよかったですよっ。」

って、言いたい気持ちをぐっと抑え、「ライト付けたほうが方が

良いですよっ。暗いですし。そして、自転車は左側走行ですよ。」と言ったら、

「そんなの知らないよっ。警察が注意してんのか?

車通勤から自転車に変えてやったのにっこれじゃあぶねーなぁ

全く。車も電車も、自転車もダメかっ」と、ぶつぶつ言ってて。

私は唖然・・・。そして、悲しくなりました。

自転車にかかわるものとして、本当に悔しい。

きっとあの歩行者の方にとっては自転車って危なくて嫌だっ。

というイメージしかなくなってしまうんだろうなぁ。

あのおじさんに改めて言いたい。

「ライトくらいつけましょうよ。普段から」

「左側走行しましょうよ。当たり前に。」

「せっかく自転車通勤に切り替えたならば、

今の自分にできることは最低限のルールを守ることだよ。」

| コメント (3) | トラックバック (1)

福島では

私の親族が住む中通りは原子力発電所のある

浜通りからは60kmほど離れています。

でも、友人からのメールで、

「地震での被害は少なかったけど、原発が怖いよ。」

って。雨が降ったら、土壌が汚染されるんじゃないか。

そしたら、水も飲めないし、野菜も米も。って、友達たちが

不安がってる、困ってる。

「何かあったら、東京に逃げておいでっ」って、言ったけど、

そんなことで解決はしない。どうしたらいいんだろう。

何ができるんだろう。私に。と思う。無力ですね。

身内の家が崩れたり、車庫が車ごとつぶれた、墓石が倒れた

とか聞いても、泣いてるだけで何もできない。

もどかしい。何なんだろうこのモヤモヤした気持ち。

と、思いながらパソコンに向かう。自分の仕事をする。

でも、今自分にできるのは、自分の仕事をきちんとする。

正確な自分の状況や東京の状況、生活の状況を身内に伝える。

何かしようとか、たいそうなことを考えず、やるべき日常を

淡々と過ごす。冷静に。それしかないんですね。

いきなり、買い貯めに走ったり、異常に余震を警戒したり、

自分だけのことを考えて行動しているよりも、自分自身が

日常を取り戻すことが必要だと思いました。

 だから、「困ったら、何でも言ってね。」なんて無責任なこと

言えないけど、友達がいつ避難に来ても大丈夫なように、

遠慮なく使ってもらえるように、笑顔で受け入れられるように

まずは自分の気持ちから日常を取り戻そう。

白河のみんなも浅川のみんなも、本当に困ったときは連絡

ください。何か協力できることがあるかもしれないから。

| コメント (2) | トラックバック (0)

停電!?

私の住んでいるところは、計画停電が実施されるという

情報が入り、おろおろ。

自転車で、近所のコンビニ、ドラックストアなどお店を

まわったけど、ティッシュペーパー、水、懐中電灯、ろうそく、

ライター、冷凍食品、カップラーメン、などなど物がない。

私は何も買わず、というか買えず。

結局、私はアロマ用のキャンドルをあるだけ集めて待機。

してるけど、いまだ停電は無けど、待機電力はもちろんコンセント

抜いて、今、うちについているのはテレビと、ネットのルーターとこの

ノートパソコンの明かりだけ。だって、東京電力が悪いわけじゃ

ないですもんっ。情報が二転三転してとか、たたかれてるけど、

寝ないで対応しているのわかるし、誰も悪くないと思います。

でも、今私の住んでいる、その、「これから停電しますよ。」と

言われている地区の上空にはヘリが飛び、テレビでは

「まだ、電気が付いてますっ」って中継されてる。

そのヘリ飛ばす燃料を他にまわせって、思ったし、

有名リポーターや、アナウンサーが続々と被災地に

入ってるけど、その移動用の車のガソリンを緊急車両にまわせっ

って、思ってしまう。

だったら、テレビ消せっていう矛盾、自分でもわかります。

 私なんて、家があって、こうしてブログ書いたりツイートしたり

できていると思うだけでも、本当にありがたい。

 福島の親族は無事でした。家屋や車は相当被害があるようですが、

電話がつながるようになりました。

 「もしもし?」って通じたときは涙がでました。

 その、ひと声が本当に大事なんだと感じました。

 どうか、知り合いの皆さんに声をかけてください。何回か続けて

かけているとつながる時が必ずあります。

 ブログはしばらく連絡網になるかもしれませんが、このブログを

見てくださっている皆さんがコメント欄を自由に連絡の場に使って

頂けたら嬉しいです。小さな規模ですが、ツイッターをなど仕組みが

わからない方など、このコメント欄にご自分の安否を書き込んで

頂ければ幸いです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

無事です。

皆さんは大丈夫でしょうか?

都内にいました。車で20km弱の道のりを帰るのに

家に着いたのは朝方で、姿見の鏡が倒れ割れて、

パソコンは下に落ち、自転車は倒れ、、、

うちはこの程度で済みました。

でも、福島のみんなとは全く連絡が取れなくて、

眠れなくて、朝がたそのまま車で行ってみました。

途中まで。緊急車両以外、通行止めで近づくことも

できませんでした。

大丈夫なのかどうかもわからない。。

私は東京に一人でいるけど、みんなが「大丈夫??」って、

連絡をくれる。その電話やメールを見るたび、ありがたくて涙が

出ます。一人だと思っていたけど、一人じゃないんだっ。て。

電車が動く、高速道路を走る、携帯を使う、、、

当たり前だと思っていたことがいっぺんに無くなって

感じることができるありがたさ。

こうして、ブログを書くことができるもありがたい。

私に何ができるだろう。なんて思えないけど、

今はこのありがたさをかみしめてます。

福島の家族に会いたい。

| コメント (0) | トラックバック (0)

これを春というべきか?

暖かくなったり、強風だったり、、、

これって、春ですか?

くしゃみ、鼻水、涙・・・止まりません。

きましたねっ。とうとう花粉が。早くフランスに脱出して、

花粉症から逃げたいところではありますが、まだです。

 東京で新居に引っ越し、やっとネット環境(無線LAN)も通して、

家具を組み立て、、、電化製品の配線などなど。

手に工具のマメができましたよ。我ながら男前ですよ(笑)

 ダンボールもすべて開封。正確にはあと2つ・・・。

これも、私が今やるべきことなのです。だから、がんばりますよっ。

で、片付いた我が家に、春がきました。

近所の花屋さんで梅の花の花束買ったら、サービスしてくれて、

春の花に囲まれています。我が家。ちっやい幸せですが

110226_183118_2

花を生けるひと時が持てるなんて、贅沢な心のゆとりですねぇ。

東京マラソン。走られたみなさん、お疲れ様でした。

来年は走ってみたいなぁ、なにか変りますか?

だって、皆さんは10倍の倍率で走る権利を得た人ですよね。

「ゴール」っていう達成感を味わうことができる、自分のために、

誰かのために、何かを背負って、、、て、いろいろな思いをこめて

走る42.195kmは10倍という狭き門。

自転車選手って、幸せですねぇスタートとゴールを繰り返すことが

てきるんですよ。走れる時間が大事で特別なのはプロもアマも、自転車も

マラソンも、変わらないのかもしれないけど、もう一度、その大事さを

考えたら、何か変わるかも?!

| コメント (0) | トラックバック (0)

いまだにタイ

今、バンコクの空港です。

新城選手のロード優勝で幕を閉じたアジア選手権。

いゃ~暑かった。酷暑です。私、熱中症で頭はガンガン痛し、

高熱は出るし吐き気はするしで、丸2日寝込みました。

というか、今も引きずってて、やっと空港に移動できた感じです。

 マレーシアから帰国して、東京で家の引っ越しをして、

めちゃ寒でしかも雪だったり、、、

タイに来る前からちょっと体調がおかしかったみたいです・・・

 でも、来てよかったぁぁぁぁ。ホントに。

 新城選手と会うのは、ランカウイで落車してチームから離れ

一人合宿所のタイに戻るのを見送って以来。

タイムトライアルの成績が振るわず、本人は眠れないほど

悔しかったみたいだったけど、あのランカウイの落車を見たときは、

あまりにショックで、というか一人でタイに帰っていく新城選手の

姿が痛々しくて、涙をこらえて見送ったという感じだったので、

こんなに早くまた元気に走る姿を見ることができたことが

本当にうれしかったぁ。

Dscf3726

そして、ロードの優勝。必死に後ろの集団を抑える宮澤選手と

福島晋一選手の姿見てたら、スタッフ一同ウルウルで。だって、

これでもかぁっていうくらい追うんですよ。香港とか、韓国とか、

カザフスタンとか。見事に全部つぶしてくれて、新城選手は

のびのび逃げてましたよ。

 これが自分の勝ち方だ!!!って、ガッツポーズで入ってきたときは

スタッフ一同泣いてました。みんなで握手。

Dscf3759

Dscf3764

ランカウイでのリタイアは時は苦渋の決断だったかもしれないけど、

あのとき無理しないで良かった。といえる結果になりました。

 チームヨーロッパカーのみんなも本当に喜んで、驚異の回復力に

驚いていました!

  27日のフランスのレースは寒いんだろーなぁ。

私は今夜の便で日本に帰ります。寒いんだろーなぁ~

| コメント (1) | トラックバック (0)

ただいまぁ

  キタク シマシタ・・・

終わったぁ~。やっとっ。というのが正直な感想です。

昨日、最終ステージ終了後、チームのみんなはヨーロッパ組8チームと

一緒に帰国。ということで、帰る間際まで、荷造りしながら選手たちとシャンパンで

乾杯!!しながら、今後のことをいろいろ話して、夜7時30、バスをお見送りして、

その後はホテルの隣にあるショッピングセンターの地下一階の「桜富士」という

日本食料理屋さんで日本人ジャーナリストや選手と打ち上げっ。

いぁ~、脱力感っ。というか、達成感。結構頑張りましたよっ。自分なりには。。。

第9Stageの前日、ぺリーグが「ミワ、明日は勝つからっ!」って、

言ってくれたんです。それは選手たちの優しさで、みんなで何かを

プレゼントをしようと話し合ってくれていたらしく、私に

「何が欲しいか?」って、言うから「優勝!!」と答えたんですっ。夕飯の時に。

「何もいらないから、ポディウム(表彰式)の写真が撮りたいよっ」といったら

次の日・・・第9Stageペリーグは2位でした。2秒差。そして、

「ごめんねぇ。ミワ。勝てなかった」って。でも、ちゃんとポディウムには

上がってくれた。うれしかったなぁ。というか、ありがとう。と思いましたよ。

ホントっ。泣けるくらい。日本人選手の新城選手がタイに帰ってしまって、

私が一人でさびしくないようにと、気遣ってくれていたと思います。

チームっていいですねっ!

日本人メディアのみなさんやほかのチームの皆さんにも助けられて、

毎日が感謝で今年のツールドランカウイが終わりました。

さぁ、次は14日からタイに。アジア選手権に行ってきます。

その間に、日本の家を引っ越しし、、、

3月にはフランスへ。フランスの家も引っ越しっ

結構、忙しい毎日が続きます・・・(苦笑)

では、フォトギャラリー↓

Dsc_1011

この時、総合は42歳の選手で、山岳リーダーは21歳

Dsc_1560

今回の総合優勝は21歳のヴェネゼーラ人ジョナサン。

そして、傘をさす監督のサヴィオ。

Dsc_1713

スタート前に何やら話し合う宮澤選手と監督。

Dsc_1627

ポディウムのペリーグ

_d3a7998

私・・・こんな感じて写真とってました。

| コメント (5) | トラックバック (0)

無事でした・・・

緊張のバイクでの撮影は、無事でした。が、、、

途中、スコールにあって、全身びしょ濡れっ。

でもゴールのころには乾いてました(笑)

選手たちの横を抜いていくとき、みんな笑うんです。。。

ヨーロッパーの選手たちがっ

そして、「大丈夫か?」って、聞いてくれたり、雨の時は

ウインドブレーカーを貸してくれようとしたりするんでけど、

カメラマンは、バイクからの撮影は選手と話しては

いけないルールになっていて、かかわってはいけないので、

スルー。するしかなかったけど、

みんなの優しさが身に染みました。

写真は、やっぱり近いといいですねぇ。

みんなも喜んで、褒めてくれました!!

Dsc_1251

ダービッドが補給から上がるところっ。

Dsc_1200

ギオムのファーストアタック

Dsc_1479

ピエールがラスト10kmでのアタック

Dsc_1311

私を見つけて、笑うダミアンとピエール

Dsc_1418_2

雨の中、集団を引くヨーロッパカーのみんなっ!

Dsc_1142

スタート前はお茶目です(笑)

というみんなに助けられて、何とかあと3Stage!

明日は、バイクに乗れるかどうか、順番待ちだけど、

乗りたいなぁ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«とうとう・・・