« 2011年9月12日 | トップページ | 2011年9月22日 »

2011年9月14日

私の師匠。

 今朝は、恐ろしく目が腫れている。

昨日知った訃報。それから涙が止まらなかった。

 30年間、レースアナウンサーとして日本のレース会場の実況を

担当されていた、吉井猛さん。

 今から11年前、もてぎサーキットのイベントに参加していた私に、

 「しゃべる仕事してるなら、レース会場でもアナウンスできるなぁ?

シマノ鈴鹿の相棒さがしてんねん。やってみるか?」と、声をかけて

くださったのが、すべての始まり。

 忘れもしない。私の初実況は福井県の「古城丸岡グリーンロード」

そして、私のレースアナウンサーは吉井さんのアシスタントとして

始まった。11年前、私を「イイミワ」と呼び始めた「イイミワ」の名付親。

 5年間、数えきれないほどの全国のレースを一緒に回らせて

頂き、数えきれないいろいろなことを教えてもらった。

 吉井さんが引退されてから私が引き継がせていただいたレースも

数えきれない。

「えぇか、イイミワ。うちらにとっては何回もやってるレースでも、

年に一度、このイベントにかけて出てくるやつもいっぱいおるんやから、

どんなに小っちゃいボケでも拾って突っ込んでやらなあかんで。(笑)

一人でも多くの参加者の名前を呼んで、参加者と対話するのが、

うちらの仕事や。上位の成績ばっかり言って速いやつの名前ばかり

呼んどったら、つまらなってまうやろ。」

っていう吉井さんの言葉を、10年間ずっとずっと頭に置いて

レースアナウンスをしてきたつもりだったけど、吉井さんには

何も恩返しできなかった。それが本当に申し訳なくて、また涙が

止まらない。

 ビールが大好きでいつも実況席にはビールの差し入れが

届いて、後半は絶好調に出来上がっていたり(笑)50歳の記念にと、

突然両耳にピアスを開けてみたり(笑)多少、名前の読み方間違った

りしても許されてしまうキャラクターで本当に多くのサイクリストに

慕われていた私の師匠。

 「おかげさまで」という言葉を一番言いたかった人。今になって

思う。一度でも、お礼を言いに会いに行けばよかった。もう一度

「441のヨシイですぅ」「そして、アシスタントのイイミワです。」

「吉井さん、それ読み方、違いますよぉ~(笑)」「あっ、そやった?」って、

ONマイクで掛け合いたかった。あの実況はもう二度とできないけど、

元気な吉井さんのあの声は、私の心に残ってる。そういう方、多いと思う。

 私が今できることはどこに居ても吉井さんに教えてもらったことを

いつまでも忘れないこと。 そして、感謝し続けること。

 本当に本当にありがとうございます。吉井さん。

 最後、会いに行けずにごめんなさい。

 フランスからご冥福をお祈りします。

| コメント (3) | トラックバック (1)

« 2011年9月12日 | トップページ | 2011年9月22日 »